理念と歴史

      ◇NPO法人さわやか北摂の理念と歴史◇

 高齢者や障がいのある方、その他”困った時はお互い様”の精神で、どなたでも助け合える、地域に根差した「たすけあい活動」として1995年にスタートしました。草の根活動として兵庫県下で初めての試みでした。5年後にはNPO法人化し、下記のように一歩ずつ前進してきました。
 
公的なサービスで身体介護をし、心の安全はたすけあいサービスでと、車の両輪の活動を続けて23年が過ぎようとしています。全ての人が住み慣れた地域で安心して過ごせるようにさわやか北摂は今後もお手伝いさせていただきます。

1995年7月  任意団体 さわやかサービス北摂設立 設立者 久恒 千里
1998年2月 (公財)さわやか福祉財団(堀田力理事長・現会長)のインスト
       ラクターを任命され、10年間地域福祉活動の普及にたずさわる。
1998年4月  福祉市民ネット・川西の設立に参加、NPOのネットワークを計る
2000年8月  NPO法人 さわやか北摂 設立 代表理事 久恒 千里
2001年3月  介護保険・訪問介護事業 開始
2002年8月  介護保険・通所介護事業開始
2003年5月  障害福祉サービス 開始
2006年4月  介護保険・居宅介護支援事業 開始
2009年4月  居場所「わたしのオアシス」開始、地域へ開放
2010年11月 「川西市コミュニティスペース事業」を協働事業として市から受託
2011年8月  平成23年度国のモデル事業「デイ利用者の宿泊ニーズ等に関する調査」
       を市より委託され、さわやかデイサービスでの宿泊を実施
       2013年3月終了
2012年8月  事務所を水明台から緑台のデイサービスセンター2階へ移転
2012年12月 さわやかデイ・水明台・イハビリマッサージ付きとして開設。
       2階に居場所併設
2013年2月  さわやかデイサービス水明台を災害時福祉避難所として自主的に設置
2014年4月  通所介護施設・緑台にて「認知症脳機能訓練」を取り入れ施行
2014年7月  家族介護者を中心とした地域の居場所「さわやかサロン」を開設
2014年12月 5年毎に発行してきた記念誌を20年の集大成として4冊目を発行
2015年8月 (公財)ひょうごコミュニティ財団の「共感寄付」団体にエントリー
       される
2015年8月  寄付を受け、地域の居場所に一層力を入れる
2016年4月  さわやかデイサービス緑台をさわやかデイサービス水明台に統合
2017年1月  福祉有償運送運転者講習の指定校として、国土交通大臣から認定される
2017年4月  事務所移転 緑台から水明台へ